CI DESIGN
CI デザイン

BIJUKU CI DESIGN CONCEPT

BIJUKU、美塾のCIデザイン、シンボルマークは
BIJUKUのイニシャルB-美そのものを象徴する矩形、
「美[B]の矩形」として、シンボライズしている。
矩形とは、自然界にはない、人間のみが
創造し得た、唯一の形である。 そして、「美の矩形」は
黄金比をさらに美しく精緻化した、新たな比率、
「美塾比」として、新しい人類の美の法則、新・黄金比
となるのだ。これこそが創造である。
美塾、内田裕士のミッションはこの創造の
原点に立ち返った美の創造である。新たな美の道を
創造するためにはその指針となるビジョンが
なければならない。

シンボルマーク、「美の矩形」こそ、そのビジョン、
未来を牽引する指針そのものである。ここには美の
本質が封印されている。矩形であるから、
3次元、立体に置き換えれば、「美の矩形」は箱になり、
その箱にはすでに美塾、内田裕士の未来、
望むもの、世界の宝物の全てが納められているのだ。
故にシンボルマーク、「美の矩形」こそ、美塾、
内田裕士の美しき未来そのもの。そして、このシンボル
マークを見るだけで、女性、人類は真の美に
目覚めていくのである。
美の矩形に引かれた一本の紅のライン、これこそが
美の道であり、「粧道」である。 
そして、紅は様々な色に変化しながら、その道は進化し
続けていくのである。

Prof. 稲吉紘実

HIROMI INAYOSHI, MASTER ARTIST
Prof.稲吉紘実プロフィール

マーク・ロゴデザインの第一人者であり、
CI教科書「NEW DECOMAS」[三省堂]にて、世界を代表する
CIデザイナーの一人に選出される。企業・団体の
CIデザインを数多く行い、1990年代後半よりパーソナルマーク
という、グラフィックデザインと芸術の新たな分野を
確立する。ニューヨークADCアドバタイジングポスター部門で
日本人として初めて2つのゴールドメダルを同時に
受賞した他、内外で数多くのデザイン賞を受賞している。また、
ソーシャルデザイン、の先駆者として、国連で
「フィランソロピーシンボリック-稲吉紘実 展」が開催される等、
デザインと芸術、そして社会貢献・平和活動に
おける真のイノベーターとして、グローバルに活動している。

ポーランド国立ストゥシェミンスキー美術大学
教授
Love Earth Love Children World Art and Music Aid
総合プロデューサー・ディレクター